メールの送り方の基本男女共通

メールと言う便利なツールができたものです。しかし、メールは自分の感情や言いたい事を文章で表現する手段ですが、時お相手に誤解を与え喧嘩になる危険も秘めています。ちょっとした表現一つで大きな違いがでます。

また、通常の出会いではなく、出会い系で知り合い、メールだけで恋に落ち恋愛が始まるケースも多あります。でも、実際に会ってみて感じが違ったかなぁ、とガッカリしてしまう場合もあるのですが、逆に結婚にまで至ったケースもあります。

しかし、メールに関するTPOをマスターし、効果的にメール術をマスターできたならば、あなたの恋愛に於ける最大の武器として活用することさえ可能です。メールに関してはお相手のとの親密度などにより若干異なってきますが、基本の原則のみを記載しておきます。

出会ったばかりの場合

お相手よりやや多めにやや長い目にメールを送りますこちらが相手に関心があると言う事をアピールする意味です。。でも、あなたがお相手を好きになる気持ちはセーブ気味にして下さい。メール返信の反応は早く、印象が強いメールを心掛けて下さい。これは、男女に共通することですが、平凡な内容はできるだけ避けて下さい。

メールをより多く送ることは、あなたがお相手をより好きになる行為でもあるから、ご注意した上で上記のことはご活用下さい。

友達としてのお付き合いが始まった場合

忙しい時は送る必要がありませんが、朝と夕方の中で最低3往復以上は送ることが必要です。ここでも反応は早くが原則です。また、馴れ馴れしくなく友達としての意識を持ち接することは絶対に必要です。可能であれば、電話もその間に入れることもポイントです。できるだけ間を空けずに、マメに連絡を取る習慣をつけて下さい。

男女間の関係が始まった場合

この段階までにある一定のメールや電話のやり取りが行われいると思いますが、敢えてメールや電話に関しては金土曜日当たりは、少ない目にすることです。お相手はお休みの筈なのに、どうしてメールをあまりくれないのとあなたの事を気にすると思います。そして、日曜日は今まで通りにメールを送る。このメリハリが大切です。いつもいつも同じペースでメール電話をすることより、メリハリをつけることにより、お相手のあなたに対する関心度が高まるのです。

それ以降

彼として彼女として、交際が始まっているのですから、後は通常通りのメール電話のやり取りで大丈夫です。但し、エネルギーの立場から見た恋愛とはに書いていますが、お相手よりやや少ない量のメールを心掛けて下さい。そして、時はワンパターンに陥らず、メリハリのあるテンポをつけることも忘れずにして下さい。

毎日、決まった時間にメールのやり取りを繰り返すことは、時にはお二人の関係を惰性的にしてしまいます。これは大きなマイナスです。

以上は、メールの基本形です。最初は、やや多めにメールを送り、お相手の興味を喚起し、その後はメリハリを付けたメールの送り方をする。そして、時には突拍子もない内容のメールを送りお相手をびっくりさせたりするのです。更に交際が深まった段階では、お相手よりやや少なめのメールの量をキープするのです。

無造作無計画にメールのやり取りをすることは非常に危険なことです。メールの送り方如何でタイプでないお相手を好きになると言う勘違いも起こります。冷静にお相手が自分の幸せにとって本当に相応しい人かどうかを判断して下さい。世の中にはメール技術に長けた悪い方も多いのです。

しかし、くれぐれもメール病、LINE病にならない様に注意が必要です。メール病とは、お相手からメールが来ないといてもたってもいられなくなる厄介な病気精神状態を言いますです。或はLINEの既読や返信に過剰に反応していまうことも同じです。

大体このメール病、LINE病からマイナス思考に移行し、時には妄想に振り回される様になります。LINE日常的に活用している方に多く見られるのが、主語が無くメールを送る際も断片的に送ってしまう傾向も持つことです。

また、メール病、LINE病になると、相手の思うつぼとばかりに都合よくコントロールされること、ストーカー的な心理に発展することもあるので注意が必要です。