スピードスター

元々サッカーに興味無かった私が、JリーグそしてFC東京にのめり込んで行ったきっかけが躍動する石川直宏選手のプレーだった。

2009年の彼のプレーは輝いていて多くの人を惹きつけていた。

同年の柏戦以後、多くの怪我に見舞われたものの、その都度彼はピッチに帰って来た。

ピッチに立った時のワクワクは、2009年と変わる事は無かったものの、プレー時間は怪我の都度に減り、何時の間にか彼のいない月日ばかりが過ぎていた。

それでも、長い長いリハビリの果てに彼の躍動する姿が観れることを期待していたが、ついにこの日が来てしまった。

天皇杯を敗退し、リーグ戦優勝の望みがほぼ絶たれている今、彼の雄姿を観れる機会は限られている。

スピードスターの最後のプレーに立ち会う機会が得られるならば、それは悲しくも淋しいことだがサポーター冥利に尽きる思い出深い瞬間なのかも知れない。

FC東京MF石川直宏、今季限りで現役引退…思い綴る「最後の恩返しを」

広告を非表示にする