今日から「神の使い」

 今日、13日。祇園祭の山鋒巡行で先頭を行く「長刀鋒」に乗る「稚児」が八坂神社へ行く「稚児社参」があった。

我々は昔から「位もらい」とも呼んでいた。

今日、稚児は八坂神社で「従五位」の位をもらい、「神の使い」となった。

つまり、「祭りの最高責任者」と言う事。

この日から鋒町では「神の使い」として扱われ、母親であっても女性は一切の世話が出来ない。

自宅では別室で父親と共に生活し、父親が全ての面倒を見る。

食事の時も稚児が上座になる。

 「神の使い」なので、地に足を着けない。

巡行当日、鋒に乗り込む時、「強力」と呼ばれる人に肩で担いでもらって、梯子を登り、乗り込む。

巡行の終点。「御池通り、新町」で強力さんに担がれて鋒を降り、そのまま鋒町まで帰ってくる。

 「神の使い」なので、稚児しか出来ないことを巡行当日に行う。

それは四条麩屋町に張られた「注連縄」を日本刀で切る役目。

ここからは神の領域で、そこを通るための儀式で「結界を切る」役目である。

後ろから大人の人に介添えをしてもらった切る。

切れた瞬間、稚児からは笑顔も出る。

 また、所々で「太平の舞」または「稚児舞」を鋒の上で舞う。

この時、上半身を大きく、鋒の外へせり出すので、後ろから大人が支えている。

その支えている大人を後ろから支える人もいる。