口の中に顔があるんじゃない?

口の形状から察するに底を漁るタイプの魚だから、全身タイツような形状で口と思われるフードの中に顔があるんじゃ無いかな。

あとは深海で目が退化するとはいうけども、なんとなく目の必要がなくなったからというよりかは目に光が反射すると外敵に襲われるから、襲われない魚が増えた結果目が無い魚が生まれてきたんじゃないかなぁと。

となると、この魚がフードから覗いて何が見えるかという話になるわけだけど、恐らく仲間というか同種の異性の足跡を辿れるんじゃ無いかなぁ。

体に鼻孔が無いということは匂いで辿るのは難しいだろうから、まるでないって話では無いとおもう。

フードの中に鼻があるとしても似たようなことをしているんじゃないかなぁ。

色々と考えてみたけど、結局は気圧の変化で膨らんだだけな気もするけどね。

“顔のない魚”発見され騒然、過去に1度記録