読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

降りてきたWindowsのアップデート

4月から公開されているWindwos10の大型アップデート「Creators Update」がやっと()降りてきました

実は普段使っていない3号機へ試しに手動で適用をして・・・と考えていた所へ、普段から使う2号機に降りて来ちゃたんですね

まぁそのまま適用しちゃえとっ作業を開始・・・待つこと2時間と、聞いていたままの時間で無事完了する事が出来ました。

でっ使い勝手なんすが、画面は当然変わりありません。

でも設定関係が変わってしまって、なかでもコントロールパネルがスタートの右クリックで出なくなったのはちょっと不便と思えます

事前に聞いて知ってはいましたが、バックアップの操作など大きな設定画面から選べる様になったとはいえ、今までがコントロールパネルからの操作であったので実際に使うと違和感があります。

ちょっとした事なんですが、アップデートの度に使い方が変わってしまうのってどうなのでしょう

たとえば書店にある「簡単・・・」とか「よく判る・・・」といったパソコン操作の本がありますが、Windows10の本であっても既に内容と実際が違う、といった事になってしまっています。

バックアップの操作などは大事な項目と思うのですが、行いたい時に、どこへ行ったとなる様に思えます。

マイクロソフトは今後毎年2回のアップデートを行うと公表していますが、バグ修正や拡張はあっても、基本操作は出来るだけ変えないで欲しい所です