読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イザベル・ファウストのモーツァルト

バリバリの新録・新譜だ。

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲全集。

彼女のディスクを買うのは初めて。

今回バックを務めるイル・ジャルディーノ・アルモニコのほうが馴染みがあった。

まず印象に残るのは音の良さ。

伸びやかで空気感たっぷり、古楽器と思えないほどしなやかで聴き疲れしない。

私は協奏曲の第2楽章をすっ飛ばすのだが、心地よくて飛ばす気にならない。

演奏も颯爽として、かつ自然な豊かさを感じるもので期待以上の出来栄え。

音の良さと、曲、演奏の良さが混然一体となった絶大な魅力を持った一枚、いや2枚組か(笑)

数組持っている同曲全集ではもちろんベスト、向こう何年にもわたるヘビロー決定だ。