読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボヤッキ−Zの「どうでも、しやぁがれ」江戸小話

あるところに、大変いせいのいい男がいました。

この男、いせいはいいし、たんかは切れるし、なかなか元気がよいのですが、ただ一つの欠点があります。

それは、カミナリが大の苦手だという事です。

ある日の事、男がぶらぶらと涼みに出かけると、急に空がくもってゴロゴロ−ガラガラ−

と、今にもカミナリが落ちそうな空になりました。

「ひえ〜〜〜!!!」

男は真っ青になり、すぐに逃げ出そうとしましたが、腰がぬけて(((・・;)逃げるに逃げられません。

すると男はやけくそになって、道に大の字に寝転がって天をにらむと、

「ええいこうなったら、どうにでもしやがれ」と、言いました。

カミナリ嫌いな人は、みんなこんなものでございます。

ちゃんちゃん

(15.6.11)

この男の名は籠池の太郎だったのかもねか−もねかも−ねえ